手越祐也の身長と体重は?サッカーの実力と性格を検証!

            

手越祐也ジャニーズの人気ユニットのNEWSで活躍している、手越祐也さん。ブラジルW杯でのメインキャスターにも選ばれましたね。

その意外と知られていない身長と体重の情報サッカーの実力、そして様々な情報からその性格を検証してみました。

 

Sponsored Link

手越祐也のプロフィール

手越祐也さんのプロフィールはこちら。

生年月日 1987年11月11日
出身地 神奈川県
血液型 B型
身長 168cm
体重 57kg

手越祐也さんは中学3年生の時に、
母親の知人の勧めでジャニーズのオーディションを受けます

最初は軽い気持ちだったようなのですが、
会場にいるオーディション生がかなり真剣で
ダンスも非常に上手だったために、

自分よりも年下もいるのに負けてられない

と気持ちに火がついたとのこと。

そのオーディションでは特に合否の発表はなかったものの、
すぐさま雑誌の撮影の仕事が入ったために、
なんとなく合格したことが分かったそうです。

何ともジャニーズらしいエピソードです(^_^;)
それにしても気合十分、準備万端でジャニーズに入った
という人って全然聞かないですよね(笑)

上記で書きましたが、身長は168cmで体重は57kgと、
比較的標準的な体型のようです。

サッカーの実力は?

手越祐也 サッカー

手越祐也さんは4歳頃からサッカーを始め、
サッカー歴は10年以上です。

サッカーアースという番組で司会をこなすほど知識も深く、
内田篤人選手とも交流があるようです。

その他、下記のようなエピソードがあるようです。

・音楽チャートはチェックしてないが、サッカーの移籍市場はチェックしてる。
・仕事から帰ると録画しておいたサッカーの試合を見る。
・録画した試合はリアルタイムじゃなくても絶対見る
・CLやELを見すぎて寝不足である。睡眠よりサッカー。
・好きな試合は2~3回繰り返してみる。

 

また、「NEWSってどんなユニットですか?」という質問に対し、
ものすごく真面目な顔で全然関係ない海外サッカーチームの話を
しはじめるという「サッカーボケ」もするようです(笑)

サッカーの事を本当に愛しているみたいですね。

そして肝心な実力ですが、サッカーアースの番組の中で、
キングカズとの練習をしている場面が放映されました。

→手越祐也がキングカズと練習!

動画を見ると、プロ選手にも食らいついていっているので、
かなり実力はあるようです。

また、芸能人のフットサル大会である「音蹴杯」では、
初出場ながらMVP選手に輝くなど、完全にアイドルの枠を
超えた活躍をしています(笑)

手越祐也の性格は?

手越祐也1

手越祐也さんの性格は一言で言うならば、
かなりの負けず嫌いです。

そのことは、手越さんがインタビューの中で語っていた、

昔から過程はゼロでも、結果を出せばいいんじゃないかと思っていた

というセリフに凝縮されています。

Sponsored Link

ジャニーズへの入所から、NEWSでのデビューが早かった為に、
ダンスが全く踊れずに相当苦労をしました

一度はそのことが辛すぎて、辞めようとも思ったそうです。

それまでは、リレーではアンカー、応援団では団長、遠足では班長という
リーダーとしての役を任される存在。

NEWSでは自分が一番若く、ダンスも全く踊れないこともあり、
かなりの苦悩を強いられました。

しかし負けず嫌いの手越祐也さんは、
事務所でのレッスンだけでなく、
自分自身でダンスの個人レッスンや
ボイストレーニングの先生をつけたりと、
かなりの努力をしました。

その成果が認められ、NEWSでもポジションを確立し、
後に歌に重点をおいた「テゴマス」というユニットの
結成も果たします。

なので、手越祐也さんは、

極度の負けず嫌いで努力家

という性格だということが出来ます。

大きな目標とNEWSへの思い入れ

手越祐也2

手越祐也さんには壮大な目標があり、

日本中の人に“好き”って思われること

を最終地点にしているようです。
確かにアイドルとしてはこれ以上ないという究極の目標です。

そして、これは噂でしかありませんが、
山下智久さんや錦戸亮さんがNEWSを脱退した際に、

やる気のないやつに声をかけてもグループはやっていけない

とコメントしたとか。

確か山下智久さんはソロでの活動が多く
錦戸亮さんは関ジャニ∞との掛け持ちでしたから、
手越祐也さんにとって歯がゆい部分があったのでしょう。

 

これだけの思い入れと強い信念があれば、
今後の活躍は間違いないでしょう!

きっとNEWSを更なる人気ユニットに導くに違いありません!

Sponsored Link
         

コメントを残す