西島秀俊の彼女は日産に?結婚条件も筋肉トレーニングもストイック?

            

西島秀俊ドラマ「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」で、主演を務めた俳優の西島秀俊さん。

影のある役柄を見事に演じきり、そのルックスとトレーニングで鍛えぬかれた筋肉でも注目を集めています。

気になる彼女の存在と、厳しすぎる結婚の条件について、調べてみました!

 

 

Sponsored Link

西島秀俊のプロフィール

西島秀俊さんのプロフィールはこちら。

生年月日 1971年3月29日
出身地 東京都
身長 178cm
血液型 A型

代表作
あすなろ白書
大奥 第一章
八重の桜
MOZU
サヨナライツカ
Dolls

西島秀俊さんは中学や高校の時には、
一切役者になることを想定しておらず
父親から「モノを作る仕事につけ
と言われていたため、理系の大学に進学します。

 

しかし、大島渚監督の映画に対するインタビューを見た時に、

映画という仕事ならば、毎日楽しくやれるかもしれない

と思い、映画関係の仕事を志します。

どちらかといえば裏方志望だったものの、
俳優としての才覚が認められるうちに俳優業に夢中になっていきます。

 

そういった背景から、今も大の映画好きで、
仕事の合間を見つけては映画館に足を運ぶそうです。

Sponsored Link

西島秀俊さんは当初、渡辺プロダクションに所属しておりましたが、
そのルックスの良さもあって、アイドル俳優として売り出しを掛けられます。

しかし西島秀俊さんは、「息の長い俳優になりたい」という理由から、
渡辺プロダクションから事務所を移籍。

その後は数々の作品に出演し、多くの演技関係の賞を受賞。
演技派俳優としての地位を確立していきました。

同棲の相手は日産のコンパニオン?

西島秀俊2

2014年4月にフライデーが西島秀俊さんの同棲報道
記事に掲載しました。

その記事によると、
西島秀俊さんは2年ほど前から17歳年下の一般女性の方と交際
現在は同棲をしているようです。

 

しかし、その一般女性の職業が日産のコンパニオンということも
合わせて記事に掲載され、そのイメージとのマイナスなギャップに
ファンの間から失望の声が聞かれました。

 

確かに自動車関係のコンパニオンと聞くと、
レースクイーンのようなイメージがありますもんね・・・。

西島秀俊さんの隣をレースクイーンが歩いているところは
なかなかイメージしづらいものがあります(^_^;)

 

ですがこのコンパニオンにも色々と種類があるそうで、
この一般女性の方はどちらかと言うと
受付嬢のような役割のコンパニオンだとか。

なんだかホッとしました(笑)

結婚条件が厳しい?

西島秀俊1

西島秀俊さんはまだ結婚をされていませんが、
その結婚相手に求める条件がなぜか週刊誌の記事になりました。

それがこちら。

1)仕事のワガママは許すこと
2)映画観賞についてこない
3)目標を持ち、一生懸命な女性
4)“いつも一緒”を求めない
5)女の心情の理解を求めない
6)メール返信がなくてもOK
7)1カ月半会話なしでも我慢すること

 

これらは本人が語ったことではなく、あくまで噂です。

個人的な感想ですが、女性にとっては結構厳しい条件ですよね(^_^;)
これが本当なら、結婚はしないほうがいいのではないかと
思ってしまいます(笑)

ストイックなトレーニング

西島秀俊3

西島秀俊さんは徹底した役作りでも知られています。

辻仁成さんの小説「サヨナライツカ」を映画化した作品では、
老後と若い時のシーンの撮影のために、13kg体重を増やしたり
15kgの減量をしたりとかなりハードな肉体改造を行いました。

 

そしてかなり着痩せするタイプでもあるみたいで、
八重の桜ではその細身の体型からは想像が出来ない
ムキムキな肉体が話題になりました。

西島秀俊4

 

八重の桜の撮影中は仕事の合間にジムに通いつめて、
オフの日もジムにこもるような日々だったとか。

パーソナルトレーナーとのトレーニングも
1回3時間とかなり本格的にやっており、
移動手段も自転車にして徹底的に体を作っています。

まるでアスリートの生活のようですね(^_^;)

 

確かにこれだけ情熱とエネルギーを仕事に注ぐのであれば、
彼女やパートナーのことはどうしても二の次になりそうです・・・。

そのことを考えると、あらかじめ厳しい条件を正直に提示することは、
西島秀俊さんの優しさなのかもしれません。

Sponsored Link
         

コメントを残す