広末涼子の奇行はタクシーでも?スカート事件から見る薬物疑惑?

            

広末涼子広末涼子さんといえば、映画「おくりびと」「ゼロの焦点」や「鍵泥棒のメソッド」などで数々の女優賞を受賞している、実力派女優の一人です。

ですが、その輝かしい実績の一方で、度々奇行が噂された人物でもあります。

タクシー事件スカート事件などについて、その真相を調べてみました!

 

 

Sponsored Link

広末涼子のプロフィール

広末涼子さんのプロフィールはこちら。

生年月日 1980年7月18日
出身地 神奈川県横浜市(生まれ)
高知県高知市(育ち)
身長 161cm
血液型 O型

代表作
鉄道員(ぽっぽや)
秘密
WASABI
おくりびと
ゼロの焦点
鍵泥棒のメソッド

広末涼子さんはインテリア雑貨店を経営する夫婦の間に、
長女として誕生します。

後にが生まれるので、姉妹として育ちます。

スポーツが得意で、中学生の時には走り高跳びで県大会2位に入賞
現在のイメージからは想像がつきませんが、
運動神経は抜群のようです。

 

そして13歳の時にはクレアラシルというニキビケアの製品の
ぴかぴかフェイスコンテスト」でグランプリを受賞

この情報を聞きつけたやり手のマネージャーが、
フラームという事務所を設立。

ほとんど広末涼子さんのためだけに設立したような形で、
当時からかなり将来を有望視されていたことが分かります。

 

そして14歳の時から、たくさんのCMに出演し、
その存在を知られていくこととなります。

NTTdocomoのポケベルのCMを覚えている方も、
いるのではないでしょうか?

→広末涼子のポケベルCM

 

中学までは地元の高知県から通っていましたが、
品川女子学院高等部への進学をきっかけに上京

親戚の家がある横浜で生活を始めました。

 

そして16歳の時には、歌手の竹内まりやさんプロデュースのもと、
MajiでKoiする5秒前」でCDデビューし、大ヒット

続く、岡本真夜さんプロデュースの「大スキ!」もオリコン1位を獲得し、
なんとそのまま紅白歌合戦に出場

デビューした年に紅白歌合戦に出場するというのは、
かなり異例の事態で、過去には松田聖子さんなど、
ごく一部の人達が実現しているだけです。

この頃から人気が加熱し、一気にスターダムへと駆け上がります。

 

高校卒業後は、早稲田大学教育学部に入学。
これは自己推薦入試というもので、いわゆるAO入試に代表されるような、
入学試験を必要としない入学形態です。

今でこそ珍しくなくなりましたが、
当時は芸能人が有名な大学に入学するという事例は珍しく、
登校日にメディアが100人以上集まるといった事もありました(^_^;)

しかし、結局お仕事との両立ができなかったようで、
5年後の2003年には「女優業に専念したい」とのことで、
大学を中退します。

 

この大学在学期間に、映画の出演で女優賞を受賞し、
日本を代表する名作映画の「鉄道員」にも出演するなど、
順調なステップアップをしていきます。

一方でこの時期は数々熱愛報道がスクープされ、
また奇行が噂された時期でもあります。

Sponsored Link

大学中退を発表した23歳の時には、
モデルの岡沢高宏さんとの結婚&妊娠を発表。

2004年4月には長男を出産します。

しかし、結婚してから5年後の2008年に離婚を発表

 

くしくも同年に、映画「おくりびと」での円演技が評価され、
日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞。

 

そして2010年には、
キャンドルアーティストのCandle JUNEさんと再婚。

2011年3月には次男を出産しています。

繰り返される奇行

広末涼子

広末涼子さんの奇行が噂されるようになったのは、
21歳の時の2001年のドラマ「できちゃった結婚」の
撮影の時期からでした。

【記者会見中に号泣】
映画「WASABI」での製作発表会見でいきなり号泣。
その事態を受けて、その3日後に予定されていた、
新作CM撮影の後悔取材をキャンセル。

一説によればCM撮影自体もキャンセルになってしまったとか。

【タクシーへの無賃乗車】
深夜までクラブで遊んだ後に、
朝方にタクシーを拾って千葉県のロケ現場まで直行。

タクシー料金は150kmを走り、4万円という料金だったのですが、
広末涼子さんは財布を持っておらず、無賃乗車に。

現場のスタッフが何とかフォローをしたと思われます。

【リハーサル中に携帯で電話】
ロケ現場への遅刻は日常茶飯事。

ある時は「できちゃった結婚」のリハーサル中に着信があり、
慌てて切るのかと思いきや、電話に出て会話しだした。

共演者を待たせて話していた相手は、
ただの遊び友達だったとか…。

【感情の起伏が激しい】
ロケ現場では些細な事で泣き出したり、
逆にテンションが上がりきってしまい、
自前のマヨネーズをもってスタジオをウロウロすることも。
【スカートの中に手を突っ込む】
ロケ現場に車で来た広末涼子さんは、
スカートのボタンが外れていることに気づくと、
ボタンをゆるめてスカートの中に手を突っ込み、
公衆の面前では下着のズレを直していた。

 

このように、この時期の広末涼子さんには、
かなり多くの奇行エピソードがあります。

あまりの奇行ぶりに薬物の使用疑惑もながれた程です。

 

しかしながらこの時期以降は、
奇行エピソードは聞かれなくなります。

現在は2児の母をしながら女優としても活躍し、
穏やかな様子です。

 

実はこの奇行ぶりを発揮した裏側には、
二人の男性の名前がチラついているのですが、
こちらについてはリクエストやコメントがあれば、
書いていくことに致します。

 

それにしても、最近では歌手のASKAさん、
昔の話では伊藤英明さんなど、
薬物関係の話は芸能界でも絶えませんね…。

→伊藤英明が薬物使用で警察沙汰?

Sponsored Link
         

コメントを残す