百田夏菜子の私服ブランドを特定!足がキレイなオシャレ女子!

            

百田夏菜子アイドル戦国時代と言われる中で、女性からの人気も集め、その頂点に位置しているとも言われるももいろクローバーZ

そんなももクロの赤でリーダーある、百田夏菜子さんの私服が可愛いと話題なので、私服の愛用ブランドについて調べてみました!

 

 

 

Sponsored Link

百田夏菜子のプロフィール

百田夏菜子さんのプロフィールはこちら。

生年月日 1994年7月12日
出身地 静岡県浜松市
血液型 AB型
身長 156cm

キャッチフレーズ
茶畑のシンデレラ
えくぼは恋の落とし穴

 

百田夏菜子さんは3歳の頃から新体操を習っていました

しかしその際に、

表現力のためのダンスの経験が足りない

と先生に言われ、ダンス教室にも通うことに。

そして、そこで芸能界を目指す子どもたちに影響され、
小学校5年生の時に雑誌「De☆View」のオーディションに
応募して合格します。

現在の所属事務所でもあるスターダストに入ることに。

ちなみに東京に呼び出された際に寄った原宿で、
別のスカウトの方に声を掛けられたようです。

 

ももクロの歴史は意外と古く、2007年10月に結成されています。

しかしこの時は現在のメンバーとはだいぶ違う構成で、
現在のメンバーが全員揃うのは2009年7月まで期間を要します。

ちなみに百田夏菜子さんの加入は2008年3月でした。

 

当初は学生だったこともあり、土日での活動を中心にスタート

数人のファンを前に代々木公園でパフォーマンスを行うなど、
本当にゼロからのスタートでした。

車中泊をしながら全国の家電量販店を回るなど、
大手事務所でありながら、かなり地道な活動の下積み。

メジャーデビューまで約2年を費やしており、
不遇の時代は決して短くありませんでした。

 

しかしその下積みの経験から繰り出される
その力強いパフォーマンスと、前向きに物事に取り組む姿勢が評価され、
サラリーマン世代や女性からの支持も厚く、
今までにアイドルに興味のなかったファン層を多く取り込んでいます。

また、特定のメンバーを応援するファンよりも、ももくろ全体を応援する、
いわゆる「箱推しファン」の比率が高いことも特徴の一つです。

百田夏菜子の愛用ブランド

百田夏菜子1

百田夏菜子さんはオフィシャルブログで、
私服写真をよくアップロードしています。

→百田夏菜子のオフィシャルブログ

普段のももクロの衣装はかなり個性的なものも多く、
また赤いイメージも強いので、
いつもと違った百田夏菜子さんが見れると、好評のようです。

Sponsored Link

♪百田夏菜子さんの私服写真コレクション♪

この写真の中にある、スマイルマークが特徴的な、
デニムとTシャツは「UPSMILE」と呼べれるブランドのものです。

百田夏菜子 私服4

百田夏菜子 私服3

【UPSMILE】
UP SMILEが作っているものはファッションではありません。
「SMILE」です。持ち歩ける(着て歩ける)「 SMILE 」見るだけで起こる「 SMILE 」色々な「 SMILE 」を世界中に届けたい・・・ただ それだけなのです。着て・触れて・見て「SMILE」を分かち合いましょう!
http://upsmile.jp/

 

またこのニットはHeatherのもので、
愛用ブランドの一つみたいです。

百田夏菜子 私服

【Heather】
いつまでも遊び心を忘れない“前向きな女の子”のためのブランド。ガーリッシュでほど良くエッジのきいたアイテムをベースにトレンドをミックスし、等身大のスタイルを提案します。
http://www.point.jp/heather/

 

こちらのコーデはベルトにgoaを使っているようです。

百田夏菜子 私服2

【goa】
遊牧民がイメージのヴィンテージカジュアルスタイルをメインとしてメンズとレディースを展開するブランド「goa」。
http://www.goa-net.com/goa_ladys

 

ガーリーなファッションから、モード系のスタイルまで着こなし、
女の子らしく洋服には興味があり、かなりのオシャレさんですね。

パフォーマンスの印象が強すぎて見過ごされがちですが、
美脚の持ち主でもあります!

抜群の運動神経のおバカキャラ

百田夏菜子 私服1

百田夏菜子さんはももクロとして活動を始める以前は、
新体操バスケットボールをやっていました。

50m走を7秒台で走り、身体を動かすことなら何でも得意との事。

 

百田夏菜子さんの代名詞でもある、
エビ反りジャンプはその身体能力あってのスゴワザです。

百田夏菜子 エビ反り

 

当初は芸能活動にそれほど興味はなかったものの、
ももクロの活動を始めてからはバスケの練習が出来なくなり、
レギュラーからも外されてしまったために、
芸能活動に専念することにしたようです。

もう一度人生をやり直せるとしたら?

という質問に対しては、

本気でスポーツをやってみたい

と答えているほどです。

 

一方でかなりのおバカキャラであることを自身でも認めています。

基本的に人の話は聞いておらず
学校のテストの最低点は2点だったとか。

また漢字がほとんど読めず、
新橋のSL広場」で待合せをした際には、
新宿」でSLを探しまわっていたとか(^_^;)

 

若い頃から芸能活動を始めてしまったので、
勉強する時間が全然なかったに違いありません…。

Sponsored Link
         

コメントを残す