プロボクサー亀田三兄弟の現在、次回の試合予定は?国内で試合不可?

            

大胆な発言と挑発的な態度でメディアを騒がせてきた、
プロボクサーの亀田三兄弟

現在所属するジムは、日本ボクシングコミッションからの
許可が降りず、日本国内での試合が不可能の状況のようです。

新たなジムを立ち上げるとの噂もありますが、
次回の試合予定はいつ頃なのでしょうか?

Sponsored Link

亀田ジムがライセンスを剥奪された理由

亀田ジム

ご存知の方もいると思いますが、
ボクシング選手のライセンスはジムを通してしか
申請が出来ません。

 

そしてジムには、運営に必要な3つのライセンスが有ります。

クラブオーナーライセンス
プロモーターライセンス
マネジャーライセンス

 

これらのライセンスがないと、興行を開催出来ないだけでなく、
所属選手は国内での試合参加をすることが出来ません。

 

亀田ジムは日本ボクシングコミッション(以下、JBC)から、
ガバナンスが不健全」という理由で、
事実上のライセンス剥奪を受けました。

 

その背景には2013年12月の亀田大毅の「負けても王者」問題や、
2000年以降にJCBが厳重注意として処分を下した51件のうち、
亀田ジムは6件と突出した数字になっていたことが、
原因とされています。

 

このJCBの対応に対し、亀田側は法廷での争いも辞さない態度でしたが、
ボクシング業界からの冷たい反応もあり、実現はしませんでした。

 

新ジムを開設も、許可が降りず

世田谷 亀田ジム

ライセンスの問題を解決するために、
2014年の3月に東京の世田谷にジムをオープン

 

しかしながら、このジムに対してもライセンスの許可が降りず
国内での試合開催が絶望的な状況です。

Sponsored Link

 

そこで、協栄ジムの元トレーナーである大竹重幸さんを
新会長に据えた、新たなジム設立を検討しており、
既に大竹さんサイドには打診済みで反応は良好のようです。

直近の成績

亀田和毅

亀田興毅:2013年11月にバンダム級で判定勝ち(8度目の防衛)
→スーパーフライ級への転向を希望し、王座を返上
33戦32勝(17KO)1敗

亀田大毅:2013年12月にWBA世界スーパーフライ級で判定負け
→32戦29勝(18KO)4敗

亀田和毅:2013年12月にWBOバンダム級王座を判定勝ちで1度目の防衛
→29戦29勝18KO(無敗)

当初からボクシングの才能があると言われてきた、
三男の亀田和毅がやはり順当な成績を残しているようです。

次回の試合予定は?

プンルアン

WBOバンタム級チャンピオンの亀田和毅の2度目の防衛戦
5月10日にメキシコにて行われる予定でしたが、
調整がつかずに延期していました。

 

しかしながら、7月12日にアメリカのラスベガスで、
試合が開催されるとの方向が濃厚のようです。

 

その対戦相手は、同じバンダム級1位のプンルアン氏(タイ)の
予定です。

 

オリンピックの村田諒太の活躍により、
ボクシング界への注目が高まっている今、
亀田三兄弟はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか?

Sponsored Link
         

コメントを残す