ビートたけしが事故で会見を?滑舌悪い原因と嫁から浮気で離婚?

            

ビートたけし長くお笑い界の頂点に君臨し、明石家さんまさんやタモリさんと並んで「お笑いBIG3」と呼ばれているビートたけしさん。

そんなビートたけしさんが、過去にバイク事故で記者会見を開いていたことをご存知でしょうか?

更には最近、長年連れ添った嫁さんから浮気し、離婚するとの報道がありますが…。

 

Sponsored Link

ビートたけしのプロフィール

ビートたけしさんのプロフィールはこちら。

生年月日 1947年1月18日
出身地 東京都足立区
血液型 O型
身長 168cm

代表番組
世界まる見え!テレビ特捜部
ビートたけしのTVタックル
みんなの家庭の医学
情報7days ニュースキャスター

 

ビートたけしさんは塗装職人の父と母のもとで、
五男として生まれます。

母親はかなり厳しかったようで、
小さい頃はおばあちゃん子だったとか。

学生時代は教育熱心な母のお陰で、成績は優秀
特に算数と図画工作が得意でした。

 

高校卒業後には、これまた母親のすすめで、
明治大学工学部を受験し、合格

しかし、大学での生活は自分が思っていたようなものではなく、
大学2年生の時には一人暮らしを開始したものの、
新宿を徘徊するような日々だったとか。

そしてジャズにハマり、ジャズ喫茶のボーイとして働くことも。

その後は友人の下宿先に居候し、アルバイトを転々とします。
通訳になろうと思い、留学費用を貯めるために、
タクシー会社に就職するも、半年で辞職。

この頃は全く道が定まったおらず、
風に流されるような若者でした。

大学は卒業に必要な単位数が取れずに、除籍。

 

当時、社会問題になっていた学生運動も収束を見せ、
いよいよ自分の生きる道を決断することを迫られます。

もともと芸能界に興味はあったものの、
演劇は自分との相性が悪いと思い芸人を志します

しかし、当時芸人といえば、
かなり身分を下に見られてしまうような職業で、
そのことを知った母は嘆き、ほとんど勘当のような状態に

 

1972年、25歳の時にビートたけしさんは、
深見千三郎さんの付き人の芸人見習いとして、
芸歴ををスタートさせます。

深見千三郎さんに鍛えられながら、
お笑いの芸を洗練させていったビートたけしさん。

 

この頃に相方となるビートきよしさんに出会い、
漫才コンビ「ツービート」を結成。

コンビの名前に関しては様々な紆余曲折を経た後に、
この名前となります。

 

松竹演芸場で、ちょこちょこと舞台に上がれるようになり、
地方のキャバレー(飲み屋の形態の一つ)にも営業をするように、
しかし酔っ払った客相手に漫才をすることを嫌ったビートたけしさんは、
度々仕事をすっぽかしたり泥酔して舞台に上がることも

また、お店を批判したり
客やホステスにケンカをふっかけることもしばしばで、
次第に今のスタイルにつながるような、
暴走ネタ・危険ネタ」を演じるようになります。

Sponsored Link

32歳の時には、同じ芸人で女性の内海ミキさんと結婚。
内海ミキさんは結婚の2年前から同棲し、
売れない時代のビートたけしさんを、
スナックでのアルバイトで支えました

 

翌年からは、いわゆる漫才ブームが到来。

「注意一秒ケガ一生、車に飛び込め元気な子」
「気をつけよう、ブスが痴漢を待っている」
「寝る前にきちんと絞めよう親の首」
「赤信号みんなで渡れば恐くない」

等のブラックな標語ギャグが話題となりました。

 

2年後の1982年に漫才ブームは終焉するも、
この頃には「ビートたけしのオールナイトニッポン」や
オレたちひょうきん族」に既に出演しており、
その人気に陰りが出ることはありませんでした。

 

現在、お笑いだけでなく、
その博識ぶりから文化人としての出演要請もあり、
映画監督としても活躍。

 

世界の北野」として、ワールドワイドに認知されています。

バイク事故で会見

ビートたけし

ビートたけしさんは、1994年8月に原付きバイクで
大規模な事故を起こし、重傷を負います

なんでも、たけし軍団のメンバーと深夜まで酒を飲んだ後に、
購入したばかりの原付きに乗って愛人のところへと、
向かっていたとか。

その道中でガードレールにぶつかり、転倒。
右側頭部頭蓋骨陥没骨折、脳挫傷、右頬骨複雑骨折という、
重傷を負い、長期入院ををすることに。

飲酒運転であったために、書類送検されるも、
起訴猶予処分になります。

約半年間の入院を経て、復帰

事故当時の記者会見の映像がありました。
→ビートたけしの事故記者会見映像

この映像を見ると分かるように、
ビートたけしさんはこの時から、
口の周りの部分が少し曲がったようになります。

 

今現在も滑舌の悪さを指摘されることがありますが、
この事故の時に顔面麻痺を経験しており、
骨格も変形していることが予想され
これらの要因が、滑舌に影響しているのではないかと
言われています。

しかし、酒気帯び運転で愛人のところに向かうとは、
なんとメチャクチャな(笑)

ですが、もともと芸人というのは、
女遊びも芸の肥やし」と言われるくらいに。、
代々ハチャメチャな人ばかりでした。

最近でこそ、正統派でクリーンな芸人さんが多いですが、
歴史的にみればそちらの方が「異常」だったりします。

犯罪を肯定するわけではないのですが、
いわゆるはみ出した人間の最後の受け皿的な位置に、
芸人という職業はあったのです。

浮気をしており嫁との離婚を視野?

ビートたけし2

ビートたけしさんは、2014年7月に週刊文春に、
49歳の女性との不倫現場!」という記事で、
不倫疑惑報道を報じられます。

そして記事の文中には、

100億円におよぶ財産を現在の妻に渡して、
 不倫相手であるA子さんと一緒になりたい

と発言している旨が書かれており、
不倫だけでなく、離婚疑惑も報じられる結果に

A子さんは現在、
関西の高級ホテルのアドバイザーをしており、
ビートたけしさん半同棲状態とか。

しかし、ビートたけしさんの所属事務所は、

二人は仕事の関係があるものの、男女の関係ではない

と二人の不倫関係と
離婚報道を否定しています。

 

この報道に対し、ビートたけしさんは激怒。

「週刊誌見たら、『たけし、カミさんに100億払って離婚だ』なんて。
100億あったらそんなことしてるワケないじゃねーか。
冗談じゃないよ。どうなってんだ。え?
ふざけやがって、どいつもこいつも。オレを何だと思ってんだ!」

と自身の番組の中で語りました。

しかし、ビートたけしさんには「前科」があり、
1990年に愛人との間に一人のお子さんを授かり、
認知して養育費等の支払いをしています

 

今回は流石にお子さんはいないでしょうが、
「前科」のあるビートたけしさんに
疑惑が及ぶのはしょうがないですね。

 

ですが、ビートたけしさんほどの人間が、
全財産を渡した上で、離婚をしてまで
一緒になりたいなんて、言うのでしょうか?

20代の男性がいいそうなセリフではありますが、
芸人として酸いも甘いも知り尽くしたビートたけしさんが、
本当にそういうふうにいっているのであれば、
相当魅力的な女性なのかもしれません。

Sponsored Link
         

コメントを残す