林遣都の彼女は中村ゆり?兄の存在と美人な母と妹の話

            

林遣都若手の中でも特に注目度が高い、俳優の林遣都さん。

そんな林遣都さんの彼女中村ゆりさんとの噂が出てきています。二人は年齢が9歳差のカップルということなのですが、結婚はあるのでしょうか?

また、今回は林遣都さんの家族である兄や妹、そして母についてのエピソードも合わせて調べてみました。

 

 

 

Sponsored Link

林遣都のプロフィール

林遣都さんのプロフィールはこちら。

生年月日 1990年12月6日
出身地 滋賀県大津市
身長 173cm
血液型 O型

代表作
バッテリー
DIVE!!
荒川アンダー ザ ブリッジ

林遣都さんは中学3年生の修学旅行の際に、班行動の時に訪れた渋谷でスカウトをされました。

当時、滋賀県に住んでおり新幹線で東京まで通い、オーディションを受ける日々。
そんな中で、スカウトから2年後の2007年に、映画「バッテリー」でいきなり主演デビューを飾ります。

この時の監督は映画「おくりびと」でも有名な滝田洋二郎監督。

林遣都さんは役者としての初仕事をこの滝田監督のもとでこなすことになります。

 

撮影当初は何も分からない中で、怒鳴り散らされる日々を送り、相当辛かったようです。
役者として何を努力したらいいのか分からない状況でもあり、その葛藤はかなりのものでした。

そんなある日、野球の試合のシーンを撮影した際、観客が400人いる中で監督は林遣都さんに20回以上のNGを出しました。
撮影終了後には、大人数がいる中でのプレッシャーもあり、「果たしてこの先、やっていけるだろうか」と絶望したと言います。

しかし、その日に「一緒に飯でも食おう」と監督に声を掛けられ、

今日は20回以上NGが出たけど、最後のカットは本当に最高だった。

という言葉をもらったそうです。

 

また、映画の一番最後のシーンの撮影の際には、通常は「OK」と合図を出すのですが、「ありがとう」と監督から声が掛かり、その場で立てなくなったそうです。

役者としての自分を滝田監督に発見してもらった。

と林遣都さんは、今でも感謝をしています。

 

ちなみに林遣都さんは高校を卒業する際に、大学に進学するのか、そもそも役者を続けていけるのか?ということに悩んだ際に、滝田監督に電話で相談するくらいに信頼をしているそうです。

そして林遣都さんはこの記念すべき初作品の「バッテリー」で、日本アカデミー賞の新人賞をはじめとする数々の演技賞を受賞します。

 

翌年には「DIVE!!」「ちーちゃんは悠久の向こう」「ラブファイト」と3本の主演映画に出演することに。

2011年にはドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」で連続ドラマ初主演も飾りました。

兄と妹、そして母

Sponsored Link

林遣都さんには兄と妹がおり、お兄さんはけっこうやんちゃなタイプだったようで、幼少期には一緒にウルトラマンごっこをしていました。

また、母と妹に関しては美人らしく、母親については林遣都さん自身も認めていたほど。
なかなか自分の母親を美人ということもないので、本当にきれいな方なのでしょう。

 

妹は兄の林遣都さんが「荒川アンダーザブリッジ」の主演をやると聞いた時に、同作品のファンだったこともあって、ガッカリしたそうです(笑)

出来るの?けっこう大変やで?

と兄である林遣都さんに声を掛けて、二人でちょっと揉めたそうです(^_^;)

しかし、林さん自身は個性的な兄二人のもとで育った妹のことを今ではちょっと可哀そうに思っているそうで、

今後は妹のために生きたい

と物議を醸しそうな発言をテレビでしていました(笑)

 

林遣都さんは本名で活動しており、名前の由来は「大きな都市(都)に出て大きなことを成し遂げる」という両親の願いが込められているそうです。

 

ですが、林遣都さんは母親に対して素直になれない時期があったそうで、母親が林遣都さんが出ていた作品の評判や批評をノートパソコンで見ていたところ、その姿に苛立ってしまい、そのパソコンを壊したこともあったのだとか。

 

母親としては息子がどう思われているのかというのは、絶対に気になるところでしょう。
ですが、そんな姿を疎ましく思う時期があるのもまた事実。

 

また林さんは、高校生になった時には、役者として既に活躍していたために、その行動にいちいち注目が集まり「居場所がなかった」とも語っていました。

この時期には映画「風が強く吹いている」で、連日10kmを走るというトレーニングを半年間もこなし、周りの友人が遊んでいる中で、自分だけが仕事をしなければならない状況に葛藤もあったそうです。

ちなみにこのトレーニングの最中に、大学の陸上部から「駅伝ランナーにならないか?」とスカウトされるほどまで林遣都さんは走りこんでいたようです。

 

しかし、高校を卒業し上京する際には、

最後まで迷惑かけてごめん。育ててくれてありがとう、。頑張ってくる。遣都

と書き置きを残し、自らが割ったノートパソコンに紙を挟んで家を出てきました。

林さんの母は今でもその置き手紙を額に入れ、大事にとっているそうです。

 

21歳になった時のインタビューでは、「一番恩返しをしたい人は母親」と話しており、今では関係も良好に戻ったようです。

 

ちなみに林遣都さんは極度の面倒くさがりのようで、ゴミの分別が出来ないと、実家に向けてゴミをパンパンに詰め込んだダンボールを送ることも過去にはあったんだとか(^_^;)

そっちの方が逆に面倒じゃないんですかね?(笑)

中村ゆりと熱愛!

中村ゆり

そんな林遣都さんは、2014年7月に女優の中村ゆりさんとの熱愛報道が流れました。

二人は2010年に映画「パレード」で共演したことがきっかけで、知り合います。
演技について議論を重ねるうちに意気投合し、次第に色々な話をするようになったのだとか。

 

交際に発展したのは2013年頃で、9歳年下の林遣都さんからアプローチをしたようです。
その後はバーやレストランで食事をする姿や、二人でショッピングをする姿などがたびたび目撃されていました。

どちらかと言えば、受け身で年上が好き。自分から告白はしたいタイプだけど、自分から告白したことは過去に1度だけ

とその草食系男子ぶりをのぞかせていた林遣都さん。

どうやら中村ゆりさんの方が明るく聞き上手な部分があり、上手に林遣都さんを立てているそうで、お似合いのカップルのようです。

 

林遣都さんは23歳、中村ゆりさんが32歳と結婚をしてもおかしくない感じですが、林遣都さんにとっては、今が大事な時期でもあり、結婚するとしても、もう少し先のことになるのではないかと見られています。

学生時代の苦悩や葛藤が報われて、ようやく役者として花開いてきた林遣都さん。
今後の活躍からも目が離せません。

Sponsored Link
         

コメントを残す