入来祐作は戦力外で横浜の用具係に!?年収ダウンと葛藤の日々!

            

みらいのつくりかたにも出演していた、
入来祐作という人物を知っていますでしょうか?

かつては、ドラフト1位で巨人に入団し、
活躍していた野球投手でした。

しかし、現在では横浜DeNaの用具係として、
働いています。

そこに至るまでにいくつもの挫折と、
大きな葛藤があったようです。

Sponsored Link

ドラフト1位入団→メジャー挑戦→戦力外通告

入来祐作 巨人

入来祐作は1996年にドラフト1位でジャイアンツに入団
その2年後にローテーション入りを果たし、7勝をします。

 

2001年には兄の入来智とともにオールスターに出場するなど、
非常に華々しい活躍をしていました。

 

そして2003年には日本ハムに移籍。
2005年にはメジャーへの挑戦を表明しニューヨック・メッツに移籍

 

しかし、ここから成績が芳しくなくなります

Sponsored Link

 

メッツから解雇され、ブルージェイズでの入団テストに合格するも、
メジャーでの登板はなし。

 

2007年に日本に戻り、
横浜ベイスターズの入団テストを受けて、合格。

 

しかしながら、2008年に戦力外通告を受けて、
2009年からは打撃投手として働き始めたそうです。

ストライクが投げられない打撃投手

入来祐作 打撃投手
戦力外通告を受けるまでの間に、
何をやっていいのかわからない状態になったといいます。

 

ただ、野球から離れるということが全く想像できずに、
戦力外通告を受けた際にも、その場で「仕事をさせて下さい」と
頼み込んだほどでした。

 

そのアピールの甲斐もあって、
打撃投手というポジションを獲得します。

 

しかしながら、

 

打者が打ちやすい球を投げなければいけない

 

というプレッシャーから、
全くストライクが投げられなくなったそうで、
ここでも「戦力外通告」を受けてしまいます。

 

そして用具係の仕事を命じられます。

嫌で嫌でしょうがなかった用具係

入来祐作 用具係

やはり最初はかなり抵抗があったようで、
嫌で嫌でしょうがなかったと語っています。

 

しかしながら、やってみるとその作業は非常に面白く
やりがいのあるものだったそう。

 

時に若い選手から「飲み物取ってきて」と心ない言葉
掛けられることもあるようですが、
自分も好き勝手やってきて迷惑をかけたところもあり、
野球に携われるだけで幸せで、恩返しをしている気持ちでいる
とのことでした。

 

ちなみに、用具係の年収は相場で500~600万と言われています。

 

年俸が8,000万以上あった時代と比べると、
確かに収入は減りましたが、
野球に携われていることに誇りを感じているようです。

 

裏方でもプロ意識をもって、
頑張っている入来祐作さん。

こういう人は無条件に応援したくなりますよね!

 

P.S

↓そんな入来さんですが、テラハの菅谷哲也とCMで共演していました!

Sponsored Link
         

コメントを残す