荻野多賀子が経営するニュージーランドのマルイア温泉旅館の評判とは?

            

ニュージランドに温泉旅館があるってご存知でしたか?

実はニュージーランドという国は
知る人ぞ知る温泉大国なのです。

そんなニュージーランドで荻野多賀子が経営する、
和風の温泉旅館、「マルイア温泉旅館」を調べてみました!

Sponsored Link

兄の急死でニュージーランドに

荻野多賀子

荻野さんの実家は新潟で、
赤倉温泉 ホテル秀山 七つの扉
という温泉旅館を経営しています。

 

そして1990年にニュージーランドの温泉施設を買い取り、
弟さんが社長に就任し、事業をスタートしたそうです。

 

しかし、マルイア温泉がオープンして1年後に、
実家を取り仕切っていた兄が急死してしまい、
弟が急遽日本の実家に戻ることになり、
荻野さんがニュージーランドに行くことになります。

 

日本とニュージーランドの「おもてなし」

折り鶴のプレゼント
荻野さんは20名の日本従業員を率いて運営をしていますが、

 

日本のやり方をそのまま押し付けるのではなく、
ニュージーランド流も取り入れた「おもてなし」
温泉ブームを巻き起こしました。

Sponsored Link

 

料理にポークベリーやマウンテンロールを出す一方で、
浴衣の無料貸出しや折り紙のプレゼントなど、
柔軟なサービスを提供しています。
また、マルイア温泉は山奥に位置しているため、
電気が通っておらず、水力で自家発電をしているそうです。

荻野さんは従業員とともに水源の掃除も行うなど、
日々地道な作業も積み重ねているようです。

宿泊料金と評判

マルイア 宿泊料金
さて、マルイア温泉ですが、
気になるのはその宿泊料金と評判

【宿泊料金】
公式サイトによれば、宿泊料金は,
素泊まりで199NZドル(約1.8万円)
食事付きで239NZドル(約2万円)

日本とさほど変わらない料金のようです。

ちなみに、
日帰り入浴は、大人22NZドル(約2,000円)でした。

 

【評判】
世界のホテルや宿泊場所の評判がわかる、
TripAdvisorでは5段階中での評価が3.5
レビューの件数は105件でした。

値段が少々高いという意見もありながら、
やはり温泉の評判は上々のようです。

ニュージーランドに立ち寄られた際には、
行かれてみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link
         

コメントを残す