田上佑輔が登米で在宅医療を始めたきっかけと診療料金は?

            

宮城県の登米市で、在宅医療を展開している、
田上佑輔さんという方をご存知でしょうか?

年齢は34歳と若く東京大学を卒業し、
そのまま東大病院の外科医として、
将来を期待されていました。

しかし、1年前に東大病院を休職し、
在宅診療専門の診療所を開きました

一体、どのような背景があったのでしょうか?

Sponsored Link

ボランティア活動で感じたこと

東日本大震災

田上さんが診療所を開くきっかけとなったのは、
東日本大震災でのボランティア活動でした。

 

何度か被災地支援をする中で感じたことは、
次第に医療関係者が減り医師不足の地域での
継続的な支援の必要性を感じたからです。

 

また、東大病院に在籍していた時に、
末期がんで手術が不可能な患者への「看取り」の
重要性も感じており、住み慣れた場所で最期を迎えたいと願う、
患者や家族の力になろうとも決意しました。

在宅医療ネットワークの構築

安井佑

田上さんは同級生で医師の安井佑さんと共に、
宮城県登米市と東京板橋区に診療所を開業。

週の前後半を交代で担当し、診療を行っています。

 

地域医療や在宅医療の必要性を感じている若い医師は
多いけれども、都市に集まる傾向があります。

 

しかし、このような形で交代勤務という方式であれば、
多くの医師が参加しやすくなるのではないかと考えました。
将来的には医師を循環させるような全国規模のネットワーク構築を
目指しています。

在宅医療の必要性

超高齢化社会
超高齢化社会を迎えつつある日本にとって、
医師が訪問をしてくれる在宅医療は今後需要が高まり続けます。

 

特に医師不足が深刻で高齢化も著しい地方では、
治療を受けたくても受けられないという患者が数多く
出てくるはずです。

Sponsored Link

 

今回の田上さんの試みは、
もっと広くメディアで取り上げられるべきもので、
政府や公的機関からの援助がもっとあっても良いのではないかと、
個人的には思います。

やまと在宅診療所の料金

やまと在宅診療所

田上さんの経営する登米市の、
やまと在宅診療所の診療料金は以下の通りです。

 

【診療料金(1ヶ月あたり)】

■70歳以上75歳未満で2割ご負担の方
約11,000円。1ヵ月の窓口負担上限は12,000円。

■70歳以上1割ご負担の方
6,000円~8,000円。1ヵ月の窓口負担上限は12,000円。

■70歳以上3割ご負担の方
18000円~21000円。上限は44400円。

■69歳以下(3割負担)
18000円~21000円。

※特別な医療処置を必要としない場合の料金です。
薬代は含まれませんが、交通費は含んだ金額です。

決して安い金額ではありませんが、
自分の住み慣れた地域で、
安心して医療を受けられるということには
代えがたいものであるように思います。

そしてこのネットワークの仕組みが一般化し、
参加者が多くなれば費用も下がっていくはずなので、
こういった活動を支援する機会があれば、
積極的にしていきたいと思います!

 

喫緊の課題に取り組まれている田上さんを
これからも応援していきましょう!

Sponsored Link
         

コメントを残す