古田武のクリーニングの料金と期間は?南麻布のレジュイール会長!

            

古田武1プロフェッショナルに出演した古田武さん。南麻布のレジュイールというクリーニング店会長です。

新品と並べて見分けがつくのはプロの仕事じゃない」と豪語する古田さん。

気になるその料金と期間について、調べてみました!

Sponsored Link

クリーニング店なのに、契約書が必要?

レジュイール

古田武さんが経営しているレジュイールでは、
初めてクリーニングの依頼を出す際に契約書の取り交わし
必要になるそうです。

 

一着100万円以上もする高額品を扱うこともあるので、
万が一があった際のトラブルを避けるためであると思われます。

 

そしてその品質の高い仕事ゆえに、普通のクリーニング店の感覚で
利用されると困るため、写真の通り「クリーニング店」という表記をしていないそうです。

 

確かにネクタイのシミを取るために、一回縫い目をほどいてからシミを抜き、
再度縫い直すという丁寧な仕事ぶりから考えると、
普通のクリーニング店では無いですよね。

 

そのため、「服のお医者さん」という呼ばれ方も
しているようです。

レジュイールの料金と期間

古田武

公式ホームページには料金の記載がされていません。

その理由は、

普通のクリーニングとは内容も価格も仕上りも違うことをどうかご理解下さい。
お洋服の素材・汚れの程度によって時間も作業内容も変わってきます。その為、弊社では「料金表」を設けておりません。

と書かれています。

 

これはあくまで目安ですが、
実際に頼んだ人の話によれば、

コットンブラウス 5,200円
スーツ      30,000円

というような料金だったようです。

 

確かに、一般的なクリーニング店とは
全く価格帯が異なりますね。

Sponsored Link

そして気になる期間ですが、

毛皮、レザー、ドレス等の期間が必要な製品以外は、
最短1週間で仕上げることが可能だそうです。

 

また、平均的な期間は2週間~1ヶ月ということでした。

知られざる苦悩と勉強の日々

古田武 苦悩

婦人服専門のクリーニング店としてオープンした
レジュイールですが、開業当初は大赤字だったそうです。

 

しかし、高級マンションに狙いを定めて営業をかける中で、
次第に管理人とコネが出来始め、お客さんを紹介してもらえるように
なりました。

 

そうして、営業が軌道に乗った後でも、お客さんから

着心地が悪い

という意見をもらうと、
その原因を探るためにパリに足を運んで勉強したとか。

 

なんでも、日本はかなりのクリーニング後進国らしく、
欧州が最先端で中でもイタリアはピカイチらしいです。

 

普通の主婦でも、かなりのアイロンの技術を身につけているそうです。

イタリア人がオシャレだと言われている影には、
イタリア主婦のクリーニング技術があるのかもしれませんね!

Sponsored Link
         

コメントを残す