三浦翔平の身長と体重は?三浦春馬と兄弟って本当?意外な特技とデビューのきっかけとは?

            

三浦翔平

話題となったTVドラマ「明日、ママがいない」で難役をこなし、「極悪がんぼ」にも出演中の俳優、三浦翔平さん。身長や体重、三浦春馬さんとの兄弟説について調査をしてみました。かなり特殊なデビューのきっかけ意外な特技彼女の噂についてもまとめています。

Sponsored Link

三浦翔平のプロフィール

三浦翔平さんのプロフィールはこちら。

名前 三浦翔平
生年月日 1988年6月3日(25歳)
出身地 東京
身長 181cm
体重 62kg
靴のサイズ 28cm
趣味 サーフィン、ツーリング
特技 バスケットボール

代表作
ごくせん
恋空
タンブリング
トイレの神様
マルモのおきて
花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス 2011
ショムニ2013
明日、ママがいない
極悪がんぼ
リアル鬼ごっこ2
THE LAST MESSAGE 海猿
BRAVE HEARTS 海猿
カノジョは嘘を愛しすぎてる

 

デビューのきっかけはエキストラのおばちゃん?

三浦翔平 ごくせん

三浦さんは2007年の第20回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストで、
フォトジェニック賞」と「理想の恋人賞」をW受賞してデビューします。

 

ですが、その応募のきっかけはかなり特殊だったようです。

なんでも三浦さんがエキストラをしていた際に知り合ったおばちゃん

あんたなら絶対行けるよ!

勝手に応募したそうです。笑

 

そして三浦さんも三浦さんで、「せっかくなら行ってきます」という軽い気持ちで
臨んだそうです。

 

その為、2次選考で自己PRというのがあり、周りがダンスや歌を披露する中、
三浦さんは何も用意をしていなかったため、
急遽前日に友達とやっていた出川哲朗のモノマネを披露します。

 

これが審査員に大ハマりで大爆笑を勝ち取り、

 

これは受かったな

 

と実感したそうです(笑)

デビューはごくせん、三浦春馬と共演!

三浦翔平 三浦春馬

そんな三浦翔平さんですがオーディションに受かって、
最初の仕事がいきなり「ごくせん」だったそうです。

 

演技も全く分からない状況の中、台本を渡されて、
ただひたすらにセリフ覚えて、間違いなくそれを言うことに
必死だったそうです。

 

そしてそこで初めて三浦春馬さんと出会います。

 

その時に三浦翔平さんは三浦春馬さんの事を、

なんて演技が上手いヤツなんだろう

と感心したそうです。

 

そんな三浦春馬さんは本名の名字が「笹本」なので、
本当の兄弟ではないようです。

骨折したまま海猿の撮影に?

三浦翔平 海猿

「ごくせん」の次の仕事は、日本アカデミー新人俳優賞を受賞することになる、
THE LAST MESSAGE 海猿」でした。

Sponsored Link

 

実は、撮影に入る前日に三浦さんは手を骨折していたそうです。
しかし、マネージャーが取ってきた大事な仕事だからと
そのことをひた隠しにしていたそうです。

 

そのため、撮影初日に伊藤英明さんと握手を交わした際、
痛みに耐えるため歯を食いしばりながら、
かなりの大声で「よろしくお願いします!」と言ったため、
元気いいな!」と言ってもらえたとのことでした。笑

佐藤健と大親友?

三浦翔平 佐藤健

同年代の俳優の佐藤健さんとかなり仲が良いらしく、
二人で韓国や京都旅行にいったり、朝4時まで一緒に
お酒を飲んだりとよく一緒にいる仲のようです。

彼女は佐藤ありさ?小嶋陽菜?

三浦翔平さんの彼女ではないか?と噂をされた芸能人は
数多く、以下の人たちとの交際疑惑があります。

・前田敦子さん
・武井咲さん
・瀧本美織さん
・北乃きいさん
・小嶋陽菜さん

上記の方々は主に作品等で共演をしていた方々で、
はっきりとした写真やスクープがあるわけではないようです。

その中でモデルの佐藤ありささんと、かなり親密だという
情報がありますが、こちらもはっきりとした情報は無いようです。

三浦翔平 佐藤ありさ

↑写真は雑誌のデート企画での模様です。

性格も明るくおしゃべりも上手で、これだけイケメン

正直モテないワケがないので、誰と噂になっても不思議じゃないですよね!

ちなみに

三浦翔平さんは出川哲朗だけでなく、
えなりかずき武田鉄矢志村けん芦田愛菜
モノマネのレパートリーを多く持っています。

 

しかし、歌はド下手と本人もマネージャーも語っています(笑)

 

もしも三浦さんが歌う場面があったら要注目ですね!

 

P.S.

↓三浦さんのデビュー作の「ごくせん」はこちら!

彼の初々しい演技に注目ですね♪

Sponsored Link
         

コメントを残す