相武紗季の姉は宝塚の音花ゆり?長瀬と破局後の留学はどこに?

            

相武紗季最近は芸能界で二世タレントだけでなく、兄弟や姉妹で活躍する方も増えてきました。
実は相武紗季さんのお姉さんも宝塚女優でした!

TOKIOの長瀬さんとの破局から、海外への留学をしたことでも知られていますが、
その留学の場所と目的について調べてみました!

 

 

 

Sponsored Link

相武紗季のプロフィール

相武紗季さんのプロフィールはこちら。

生年月日 1985年6月20日
出身地 兵庫県宝塚市
身長 165cm
血液型 O型
特技 シンクロナイズドスイミングドラム演奏

代表作
がんばっていきまっしょい
華麗なる一族
ブザー・ビート
家政婦のミタ
リッチマン、プアウーマン

特技がシンクロとドラムとは意外な特技ですね!
恐らく所属事務所が許さないでしょうが、
相武さんのシンクロとかちょっと見てみたいです(笑)

芸能一家に生まれる!

相武さんのお母さんは、
元宝塚の星組の娘役の朱穂芽美さんという方です。

かなりやんちゃな女性で、
宝塚の女優仲間の楽屋着の袖を縫って喜ぶような、
イタズラ好きだったそうです。

相武さんはそんなお母さんから、
次女として生まれてきました。

そしてお姉さんは宝塚女優音花ゆりさんです。

音花ゆり

音花さんは小学校高学年から宝塚女優を目指し
1999年に宝塚音楽学校に入学。2001年に宝塚に入団します。

その後は娘役スターの役を与えられたり
エトワールという最も名誉な役柄を3回も与えられている
大人気の宝ジェンヌです。

 

音花さんは幼少期からバレエ声楽日本舞踊をこなし、
妹であった相武紗季さんは姉のそんな姿を見て、
何か姉とは違う事を見つけようと無意識的に思っていたようです。

幼少期の相武さんにとってお姉さんは、
何でも完璧にこなす、少々遠い存在だったとのこと。

学生時代はそんな姉の事をかなりライバル視しており、
そのことが女優としての成長を支えた部分もあるようです。

ちなみに今はとても仲がいいとか。

語学留学でアメリカに

相武紗季2

相武さんは2012年末に4年間交際をしていた、
TOKIOの長瀬智也さんと破局

 

その理由については明確にはなっていませんが、
忙しいことによるすれ違いだったと報じられています。

そんな相武さんは2013年の4月から8月に掛けて
英語の勉強のために留学をします。

 

もともと英語を勉強したいという思いが強く
英語が出来るようになることで仕事の幅も広げたいと、
この留学が決定したとの話があります。

Sponsored Link

またそれとは別に、「ブザー・ビート」というドラマで悪女役を
演じたことをきっかけとして、相武さんに悪女役のオファーが殺到します。

相武さんもプロなので、必死にその役をこなせばこなすほど、
業界からの女優としての評価は高まるものの、
一般の人からのイメージが悪くなっていくことに、
悲しさを覚えることもあったそうです。

そんな悪役イメージを払拭したいから留学をしたとの話もあります。

留学先はどこ?

相武紗季1

さて相武さんがどこに留学したかという話ですが、
当初はアメリカのカリフォルニア州に、そしてその後には、
マサチューセッツ州のボストンへと行ったと、
ご自身で言われています。

 

最初のサンフランシスコの留学先と有力視されているのが、
ロサンゼルスに位置するUCLA大学です。

しかしUCLAは大学としてかなりの名門校であり、
入学するのに超えなければならないハードルが非常に高い学校として有名です。

しかし、このUCLAの中にはALC(アメリカンランゲージセンター)という、
語学研修機関のような場所があり、入学へのハードルもそれほど高くなく、
約2ヶ月半の受講で修了するようです。

相武さんはこのALCに留学していたのではないかと言われています。

 

ちなみに留学した先で、日本のファンに執拗に写真を迫られたりと、
人気女優としての面倒事も経験していたようです。

帰国後の活躍

相武紗季 ミスパイロット

帰国後は、堀北真希さん主演の「ミス・パイロット」に出演。

次期、連続テレビ小説への出演も決定しているなど、
今後の活動に注目が集まっています。

 

今後、勉強してきた英語が活かせるような仕事の経験を積んで、
いずれハリウッドデビューする日も遠くはないんじゃないでしょうか?

Sponsored Link
         

コメントを残す